日本にある金製品は品質が良いものばかり【買取価格が高騰】

青い指輪

インゴットの買取

様々な買取会社がいるインゴットについて

現在では金が世界的に不足しているのを背景に、金の価格は年々上昇し続け十年位前に比べて価格は約四倍にもなってきています。投資目的でインゴットを保有している方でしたら金の価格が高騰している今が売るチャンスともいえます。今回はこのインゴットの買取について紹介していきます。 個人の方でインゴットを買取に出す場合の多くは貴金属専門の買取会社にお願いすることでしょう。しかし、金はとても高価で買取価格が非常に高いので会社によって買取価格のばらつきも大きなものになります。競合する貴金属買取会社は多数いるので、きちんといろいろな会社に見積もりを出して買取価格だけでなく手数料もきちんと把握しましょう。 こうすることで、より高く売ることができます。

金の価格の傾向について

上述したように金の買取価格は年々に上昇してきています。具体的に説明すると日本市場では2001年で、金の価格は最高値で1200円でしたがここから徐々に価格が上昇し始めて2000円台を超えたのは2005年です。そして、2007年には3000円台を2011年には4500円以上の高騰をしました。このように高騰していますが10年以上かけて安定して上昇を続けていることが特徴です。これは金自体に大きな信用性があることが背景となっています。このことから、株や為替などといったものとは違い保有することに賭博性が薄く、例えば昨日の価格から今日になって半額になってしまう可能性が限りなく少ないと言えるのです。 こういう金のインゴットの価格傾向があるので、安定した投資に向いてると言えるのです。